ツヤツヤ美髪とダメージヘアの分かれ道!カラー直後のケア3か条

2018.02.01@ジブンカラー編集部

ヘアカラー直後の髪はとてもデリケートだから、このときのケアを怠るとダメージにつながってしまいます。

ヘアカラーした当日はしっかり念入りにシャンプーをして美容液でケアしましょう。
また、その後1週間はヘアカラー用のヘアケアアイテムで継続的にケアすることが大切です。

ツヤ髪をキープするアフターケア3か条!

ヘアカラーをした直後は、髪はとってもデリケート。
その時に適切なケアをすることで、ダメージの少ないツヤ髪につながります。

正しいアフターケアをしっかりこなせば、色持ちもよくなるので、アフターケアの3つのコツをおさえて、美しいカラーヘアをキープして。

その1 カラーをした後、シャンプーは2回!

アルカリ性に傾いた髪を弱酸性に戻すために、まずは薬剤をしっかりと落とすことが先決。
薬剤が髪の表面に残ってしまうと、髪が弱酸性に戻りにくくなり、ダメージを受けやすい状態になってしまいます。
シャンプーを泡立てる前に、まずはシャワーでしっかりとすすいで。
シャンプーは念入りに2回行いましょう。

その2 ヘアカラー直後の髪用の美容液を使う!

タオルドライ後は、市販カラーに付いている「アフターカラー美容液」でケアをしましょう。
デリケートになっている髪を健康な状態へ近づけてくれます。
ヘアカラー用美容液で、しっかりと髪をいたわってあげてくださいね。

その3 美髪の鍵を握る「カラー後1週間の念入りケア」

カラー後の髪が、元の弱酸性に戻るまでは数日間かかるので、ヘアカラー用のヘアケアアイテムを使って、念入りにケアしましょう。
ヘアカラー後、約1週間の念入りなケアが、髪のダメージを防ぐのはもちろん、色持ちを良くすることにもつながります。
石けん成分が主体のシャンプーを使うと色落ちしやすいので、シャンプーの成分にも注意するといいですね。